更年期障害治療

更年期障害とは?

更年期障害とは?

思春期、性成熟期を経て、45歳~55歳くらい(閉経前後の約10年間)を更年期と言います。

「更年期」と聞くと、不快な思いをされる方も多いと思います。
それは、この時期に生じる様々な体の変調(更年期障害)への悩み、不安によるものだと思います。
しかし、更年期の症状・原因・対処法をしっかりと学んでケアすれば、決して恐れるものではありません。


更年期女性は加齢による変化と、エストロゲンの低下・欠乏により、自律神経失調症(のぼせ、ほてり、発汗)などの様々な症状がみられる他に、下記のような障害や疾患が現れることがあります。

  • 骨の量が減少してしまう骨粗しょう症
  • 血液中の中性脂肪やコレステロール値が上昇してしまう高脂血症
  • 尿が腹圧で漏れてしまう尿失禁や排尿障害
  • 膣壁の萎縮による性交障害
  • 老人性痴呆やアルツハイマー病

当院の更年期障害治療

当院では、ホルモン補充療法(HRT)や漢方療法を行っております。

当院のホルモン補充療法(HRT)について

更年期障害の原因のかなりの部分は卵巣からのホルモンの分泌が減少し、その結果、自律神経が失調します。
そのため、自律神経の失調を回復するにはホルモン、特に卵胞ホルモン(エストロゲン(E))を補充をすることとなります。これがHRTの原理です。
事実、HRTにより更年期障害の多くの方が、かなり速やかに改善します。

当院の漢方療法について

更年期障害には漢方薬の服用をお勧めしておりますが、まずは、本当に更年期障害なのかどうかかかりつけの婦人科で診断してもらうことが大切です。

さて、更年期障害の症状は、人によっても、発症時期によっても、症状がさまざまであり、個々に合う漢方薬を処方して頂くこととなります。

当院では、更年期障害の症状だけでなく、その方の体質に合った漢方を処方しております。


ページのトップへ