婦人科がん検診

子宮頸がん、子宮体がん

若い女性に多い子宮頸がん

予防ワクチン(サーバリックス)も話題の「子宮頸がん」は、発症率のピークが30代と若年層が罹患する傾向があります。
症状が少なく発見が遅れることもある、女性にとって恐ろしいがんの1つです。

子宮のがんには2つの種類!

子宮のがんには2つの種類!

あまり知られていませんが、子宮のがんには子宮頸がん子宮体がんの2種類があります。
このうち子宮の入り口付近にできるのが「子宮頸がん」であり、前述のように30代を中心に若い女性に多いがんです。
日本では年間約15,000人がかかっていると言われています。
20~30代女性のがんのうち、最も多いのも子宮頸がんです。

一方「子宮体がん」は、閉経期の50~60代が発症のピークとなります。原因はホルモンバランスの変化や子宮内膜症などが考えられています。40歳を超えたら年に1度の子宮体がん検診も受けましょう。
がん検診時に子宮筋腫が発見されることもあります。


子宮頸がんの原因は?

子宮頸がんは、HPV(ヒト・パピローマウイルス)というウイルスの感染が原因です。
セックスで感染します。セックス経験のある女性の80%は生涯に一度は原因となるウイルスに感染するというデータもあるほどです。
しかし感染しても体の免疫力が高い時にはウイルスを排除することができますが、ウイルスが残り続けると、そこから子宮頸がんに進行することがあります。
なおコンドームを利用しても、感染を100%防ぐことは難しいといえます。

気になる症状は?

子宮頸がんが恐ろしいのは、症状が少ないことです。
HPV(ヒト・パピローマウイルス)に感染しただけではまったく自覚症状がなく、自分で気がつくことはほぼ不可能です。
おりものの状態(茶褐色~赤っぽい悪臭のあるおりもの)などで症状を自覚するころにはかなり進行している可能性もあります。
また、発見が遅れると子宮摘出などが必要な場合もありますので、注意が必要です。

予防は検診とワクチン

「子宮頸がん」の予防法には、子宮がん検診とワクチンがあります。
日本の女性の「子宮頸がん」検診受診率はわずか20%ちょっとといわれております。
早期に発見すれば子宮を残して治療することもできます。
年に1度の検診で早めに発見することが大切です。
検診は綿棒などで子宮頸の細胞を採取し内診を行うのみで痛みはほとんどありません。

子宮がん検診の際に子宮筋腫が発見されることもあります。
症状が進みますと過多月経や不妊の原因になることもあります。
そのような観点からも定期的な婦人科健診をお勧めします。

子宮頸がん予防ワクチン「サーバリックス」は2009年から日本で接種ができるようになりました。ワクチンの接種によって「子宮頸がん」の原因となるウイルスの感染を防ぐことが期待できます。

卵巣腫瘍

卵巣腫瘍

卵巣は子宮の左右両側にひとつずつあり、通常は直径2~3cm程度の大きさです。
卵巣と子宮をつなぐ役割をしているのが卵管です。
この卵巣に腫れが生じた状態を卵巣腫瘍といいます。
多くは卵巣の片側に発生しますが、両側に発生することもあります。

卵巣腫瘍は、ほかの臓器に発症する腫瘍に比べて非常にたくさんの種類があります。
大きく2つに分類すると、嚢胞性(のうほうせい)腫瘍(いわゆる卵巣嚢腫(のうしゅ))と、充実性(じゅうじつせい)腫瘍に分けられます。


また、卵巣腫瘍は臨床経過に応じて、良性、悪性、境界悪性(良性と悪性の中間的なもの)の3群に分類されます。
一般的に、嚢胞性腫瘍は臨床経過としては良性のことが多く、充実性腫瘍は約75~80%程度が悪性もしくは境界悪性腫瘍です。

卵巣腫瘍の症状について

「沈黙の臓器」と呼ばれている卵巣は、腫瘍ができても、小さいうちはほとんど自覚症状がありません。

本来、うずらの卵ほどの大きさである卵巣が、最大で人間の頭大にまでなることがありますが、おおよそ、握りこぶし大ほど(6、7センチ)になると、下腹部がふくらみ、皮膚の上からしこりを感じたりするようになります。

また、腫瘍が大きくなるにつれて、周囲を圧迫し、その結果、頻尿、腰痛、下腹部痛、月経痛などの症状が現れます。

腹水(おなかに水がたまる)や胸水(肺に水がたまる)などが合併症として出てくる場合もあります。
先程申し上げましたが、自覚症状が乏しいので、気になることがあれば早めにかかりつけの婦人科を受診することをお勧めします。


ページのトップへ